葬式の仕様は地方によって違います

葬儀を行わない地域はありません。
少なくともこの日本社会の中では、北は北海道から南は沖縄まで、お葬式やお通夜、告別式などの儀式はどこでも行っています。
人は必ずお亡くなりになりますし、その死をいかに送るかは人として一番大切なことだと言ってもよいでしょう。
人間は数千年数万年の歳月をかけて進化・発展を遂げてきて、文化や風習も変化を繰り返しながら構築されてきました。
しかし、お葬式を行わなかった時代はありません。
それだけ葬儀というものは人間の存在そのものだということです。
その葬儀ですが、日本社会の中だけでも地方によって違います。
沖縄の死者の弔い方などは印象的で、お墓の形からして本州などと全く違います。
また日本列島には離島がたくさんありますが、島の地域は特殊な葬儀形式のあるところが多いです。
家から斎場、火葬場、お墓までの葬儀業列なども、今の時代でも根強く残っている地域はたくさんあります。
それはその土地の文化と言ってもよいでしょう。